スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英単語の本質的な意味を調べるには?

Q:英単語の本質的な意味を調べるにはどうしたらいいですか?

A:一般的にはこういう質問への回答としては学習者向きの英英辞典を紹介することが多いところでしょう。しかしできればこういう辞書類に手を出す前に是非、心がけてほしいことがあります。それは、英和辞典で調べた単語で、用例も含め書かれている全ての項目に目を通すことです。

皆さんの中には電子辞書の場合でも紙の辞書の場合でも、最初のいくつかの訳語だけにしか目を向けないという人が多いのではないでしょうか。また単語帳を辞書代わりに使うこともあるかもしれません。確かにそれだけで用事が片付くこともありますが、このような意味の調べ方では、なかなか英単語の本質的なところにまで目を向けることはできません。

英単語の本質といってもなかなかイメージしにくいかもしれませんが、そもそも英語話者と日本語話者では物事への認識の仕方が違うのです。例えば、breakという単語について、日本語では「折る」「壊す」「切る」など、いろいろな意味になりますが、英語話者がこれらの全ての意味を別々に覚えているわけではありません。また、日本語の「折る」「壊す」「切る」がいつでもどこでもbreakと英訳できるわけではありません。詳しくは鈴木孝夫「ことばと文化 (岩波新書)」という本を参考にしていただきたいのですが、単語の捉え方は英語話者と日本語話者で完全に重なるわけではないのです。あるいは英語の単語と日本語の単語が一対一で対応するわけではない、というような言い方もできるでしょう。

このような対応がないとすると、英語話者の捉える英単語の感覚を知りたくなるわけですが、しかしこれを知るためにはたとえ学習用であったとしても必ずしも英英辞典がベストというわけではありません。何しろ全てが英語で書かれていますから、慣れるまではその解釈だけでも精一杯という人も多いのではないでしょうか。その点、英和辞典は有り難いことに日本語で書かれています。そしてこれを隅々読むことで、実は英単語の本質的な意味も見えてくるものです。ただしちょっとしたコツがあります。

以前haveの意味はいくつあるのかという内容でブログ記事を書き、ここでも少し触れておきましたが、まずは様々な訳語の間の共通点を探してみてはどうでしょうか。英和辞典で語義だけではなく、例文も含めて広い範囲で目を通すという習慣がない人にとってはなかなか気が乗らない作業かもしれませんが、少なくともこの作業はいきなり英英辞典に取り組むよりもはるかに易しいはずです。

でも英英辞典も使ってみたいという人もいるかもしれません。その場合は是非とも英和辞典と比較して見て欲しいと考えています。

英英辞典にも様々なスタイルのものがありますが、基本となるのは日本の国語辞典と同じで、単語ごとにその定義が書いてあるというものです。定義文を読むことで、英語話者がその単語をどう捉えているかが分かりますが、まずは英和辞典の様々な語義の共通点を探し、次に英英辞典の定義文や用例などを見るようにすると、一層理解しやすいことでしょう。つまり英英辞典を調べる時に、すぐ横に同じ単語を引いた英和辞典を置いておくのです。相乗効果で両方が理解しやすくなることでしょう。

場合によってはどちらか一方は電子辞書でも構わないでしょう。両方を電子辞書でとなるとちょっと難しいでしょうね。いろいろな機種が出ていますが、2画面で別々の辞書を表示できるという機種はさほど多くないと思いますし、どちらか一方は小さい画面ではなく、紙の辞書で広い範囲を見渡すように、というのがこの練習方法の重要ポイントだと考えています。

私の場合はもう英英辞典には十分慣れているのですが、今でもこの作業を時々行います。さらに同じ単語を英語語義語源辞典でも調べて比較してみるなんていうこともよくあります。複数の辞書を見比べるという作業は結構面倒ですが、単語についてより深い理解が可能になりますし、授業で英単語を説明する時の雑談のネタが見つかったりすることもあります。あ、これは私の日常でした(笑)

一時期、ワードパワー英英和辞典ケンブリッジ英英和辞典のような英英辞典と英和辞典を1冊にまとめたような辞書が話題になったこともありました。画期的な試みではあったのですが、結局のところ中途半端だったという印象は拭えません。このような複数の辞書を比べるような作業は、学習者の皆さんのレベルに合った英英辞典と英和辞典で行うべきでしょう。もちろん1冊にまとめてある方が携帯性や検索性ははるかに高いのでしょうけれど。

最近では多くの電子辞書にも英英辞典が収録されるようになりましたので、これまで以上に英英辞典が利用しやすくなったことは間違いありません。でも学習段階に合った使い方をしないと、そのうちだんだん億劫になってしまうものです。宝の持ち腐れになってしまうのももったいないことです。しかし辞書の使い方をちょっと工夫することで、英単語への関心もますます湧いてくるのかもしれませんね。是非いろいろな学習方法を試してみて下さい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。