スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速聴学習の効果は?

Q:英語の速聴学習というものについて聞いたことがあるのですが、どれぐらいの効果があるものですか。

A:私自身は英語に関して言えば、速聴と呼ばれる学習方法には懐疑的です。

最近はあまり目にしませんが、一時期、雑誌などでもこういう学習方法を取り入れた通信教材や、これを再生する専用の機器の広告などがよく出ていたことがありました。一昔前まではオーディオ教材と言えばカセットテープが主流でしたが、再生速度を上げようとして回転速度を上げたとしても、同時に音程も上がってしまったため、音程を変えずに再生速度を変更するには何らかの形で音声処理を行わなければならなかったわけです。この作業には専用の機器が必要であり、通常こうした需要もさほどあったわけではないでしょうから、それなりに高額な機器だったのでは、と思います。

速聴学習が主張する効果の一つに、再生速度を上げた教材を繰り返し聴いて耳を慣らしておけば、通常の速度のものを聴いた時にゆっくりに感じられるので、細かいところもはっきり聞き取れるようになる、という点があります。でも果たして本当にそう言えるのでしょうか。

英語の音声が聞き取れないという人の悩みの多くは、内容は知っている単語ばかりなのに英語音声が聞き取れないということではないでしょうか。この場合、知っている単語であってもどのように読まれるのかという点において不十分であることは明らかでしょう。また単語と単語が繋がって読まれる時にどのような音の変化が生じるかという点が理解できていない場合にも、同様に聞き取りに支障を来します。このような状態でありながら、再生速度を速めたものを繰り返し聞いたとしても、欠けている知識は補えるはずがありません。

それよりもむしろ、英語の文字を見ながら、どのような綴りの時にどんな風に読まれるか、逆に再生速度を落としながらでもゆっくり確認しながら聴いた方が理解しやすいのでは、と思います。さらに言えば、聞き取り学習の際は、読んで意味が分かるという内容のものを利用すべきでしょう。そもそも読んで理解できないものが聴いて理解できるわけがありませんよね。まずはこのあたりをクリアすることが必要です。

一方、既に普通の速度であれば問題なく聞き取れるけれど、さらに聞き取りの力を高めたいという人もいるかもしれません。こういう場合でも速聴学習は私としてはお勧めするつもりはありませんが、それでも試してみたいという人はパソコン上で音程を変えずに音声の再生速度を変えることができるフリーソフトもいろいろあります。Windows用であれば、元々はテープ起こしの作業を想定したOkoshiyasu2というソフトがあります。再生速度を速めることもできます。

もちろん聞き取りが苦手な人はこのソフトの本来の使い方である速度を落とした再生もできますので、一度試してみて下さい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。