スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で日常会話ができるようになりたいんですが…

Q:大学在籍中に英語を日常会話ぐらいしゃべれるようになりたいのですが、どうしたらいいですか?

A:回答に困る質問です。よく誤解されますが、実は日常会話ほど難しいものはありません。「日常」ですから、いつどんな内容を聞かれるか分かりません。大学のこと、家族のこと、趣味のこと、政治のこと、歴史のこと…日本語での日常会話だっていろんな話題が出てきますから、それを英語でやろうとすると結構大変です。こういう現状を認識せず「学校でたくさん英語をやったのに、日常会話ひとつできない」なんてぼやいている人がいます。無理ですって。日常会話なんて。

というわけで、がっかりしてしまうかもしれませんが、実際問題として「大学在籍中に英語の日常会話をできるようになる」というのはかなり困難です。それでもどうしても日常会話できるようになりたいということでしたら、場面ごとの状況設定を考えた練習を積み重ねることですね。ラジオやテレビの英会話番組も役に立つと思います。

外国語というものはすぐに身につくようなものではありません。何しろ時間がかかるのです。小さな目標を設定して、少しずつそれを達成していくしかないのです。つまり日常会話ができるようになりたいというのは、あまりにも大きすぎる目標設定です。

会話はキャッチボールですから、当然のことながら相手の言っていることが理解できないと話は弾みませんよね。まずは小さな目標として、相手の言っていることが理解できるような基本的なリスニングの力をつけましょう。これとて短期間で身につくものではありません。まずは語彙力も必要ですね。おすすめなのはリスニング学習教材で、英語原文と日本語の対訳がある資料です。まずは聴いて分かる力をつける前に、読んで理解できる力をつけましょう。読むといっても、後ろから日本語に訳しながら、というのでは全然間に合いません。英語を前から意味の固まりとしてとらえていく練習が必要でしょう。理想的には、聞こえてくるのと同じスピードで、英文の文字を追いかけていき、その英文の意味する内容が頭の中に映像として浮かんでくるようにすることでしょうか。このような練習を積み重ねると、次第に「英語を英語のまま理解する」こともできるようになります。

しかし勉強の仕方も人それぞれです。小さな目標を立て、それを達成するために自ら学習方法を考えていく必要があると思います。

市販の教材でも良いものが出ています。最近ではゴルフの石川遼選手も利用しているという「スピードラーニング」も話題になっているようです。少々高い教材ですが、学習方法としては決して悪くありません。でもこれを使った学習にしても、1日10分程度聞き流すよりも、1日30分かけて英文原文を前から順番に読めるような力を養うことや、なぜこの英語表現がこの日本語訳になるのかをじっくり考えるなど、学習において工夫すべきことはいくらでも見つかります。

繰り返しになりますが、日常会話ぐらい、というのは無謀なことです。まあ気楽にやりましょう。

まずは何から始めましょうか。ゆっくり考えてみてください。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。