スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋楽と英語のリスニング

Q:洋楽を聴くことで英語のリスニングの力は伸びますか?

A:よく尋ねられる質問ですね。私はこの質問に対しては「伸びる力もあれば、伸びない力もある。洋楽や洋画が必ずしも近道であるとは限らない。」と回答することにしています。

英語のリスニングだけでなく、英語力全般を伸ばすために洋楽が役に立つかどうか、ということも関心をもつ人が多いようですね。仮にこれらが役に立つのであれば、楽しみながら勉強ができるわけですから、一石二鳥ということになるでしょうから。しかし残念ながらそんなにうまい話ではないと考えます。

皆さんは英語力のどの部分を伸ばしたいのでしょうか。また、リスニングと一口に言っても、リスニングのために必要などの部分を伸ばしたいのでしょうか。誰もが楽して簡単に身につける方法を知りたがりますが、よく考えてみるとリスニング力そのものを伸ばすためにも、例えば個々の単語の発音と綴り字の関係、その単語の意味、複数の単語から成る意味の固まりがどのように発音されるか、文全体で見た場合のリズム(どこが強く読まれ、どこが弱く読まれるか)、文全体で見た場合のイントネーション(どこが相対的に高く読まれ、どこが相対的に低く読まれるか)…など、複数の練習目標を考えなければなりません。これらをまんべんなく学習して初めて英語のリスニング力になるわけですが、これらの全てが洋楽によって鍛えられるわけではありません。

さらには根本的な話として、仮に聞こえてくる英語音声の意味までを理解するという意味でのリスニング能力を身につけるのであれば、前から順番に聞こえてくる英語音声を順に頭の中で組み立てていくことも必要でしょうし、もっと言えば文字で読んで意味が理解できないものが聴いて理解できるわけがありません。歌詞カードに書かれている英文の意味は、対訳を見ずに全て理解できるでしょうか。

皆さんの好みはいろいろでしょうけど、ロックにせよポップスにせよ、歌詞とメロディーの組み合わせですから、これは自然な会話での英語音声とは全く性質が違います。誰もが歌いながら会話しているのであれば良いのですが、当然ながら現実はそうではありません。

仮に洋楽を聴きながら伸ばせる力があるとすれば、一つは英語のリズムをつかむことです。歌詞の中の単語のどの部分が音符の動きと一致しているかを観察することで、いわゆる単語のアクセントの位置がつかめる可能性があります。例えばカーペンターズのYesterday once more という曲の最初の一節では、When I was young I'd listen to the ra-di-o, waiting for my favorite so-----ng. の下線位置が4分の4拍子のメトロノームのリズムと一致します。(ちょっと無理のある表記ですが)そしてこれらは単語のアクセント位置をつかむ訓練になります。ただしここで利用価値があるのは、せいぜいI was young という一節では I と young が強く読まれる、listen や favorite という単語は最初の音節にアクセントがあるという程度でしょう。もちろんこのような知識はわざわざ洋楽を聴くまでもなく、皆さんもよく知っているはずです。その一方で、この下線を引いた中でも、話し言葉ではほとんどアクセントを置かれることがない to や for といった単語さえも、メロディと組み合わさった際にどうしても強く読まれてしまいます。

ここで示したのは極端な例かもしれませんが、洋楽を使った英語学習に慣れてしまうと、歌詞に出てくる単語でメロディラインと組み合わせた単語は強く読まれる、というような誤解をしてしまうかもしれません。つまり洋楽を聴くことで実際の話し言葉でのリズムをつかむためには悪影響を与えてしまうという解釈にも繋がると思います。

もちろんそうは言っても、洋楽が好きな人は多いと思います。そしてそれを生かして、伸ばせる力もあるはずです。メロディーが心地よければ歌詞カードの中身も見てみたくなるかもしれませんし、対訳を読むことで、なぜこの英語表現がこの日本語訳になるのか、というような観察をしていくと、これは文法の力をつけるためにも役に立つかもしれません。しかしこれは文法の力をつけるための最短ルートではありません。

一番良くないのは「英語が苦手だから洋楽でも聴いてみよう。そうしたらリスニングの力もつくかもしれない。」という短絡的な発想です。全く意味がないとは言いません。洋楽を聴いていく中で、英語への関心が沸くことだってあるでしょう。いずれにしてもこれも同様に最短ルートではなく、また逆に悪影響を与える可能性もあるということだけは理解しておいて下さい。

この記事では洋楽とリスニング学習の関連について、やや否定的に述べてきましたが、その一方で洋楽でしか身につけることができない英語力というものもあるはずです。これについては機会を改めて紹介することにしましょう。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。