スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

of us all の発音

Q:of us all というフレーズが「オーバーオール」に聞こえます。先生にはどのように聞こえているんですか?

A:of us all は確かに of us all と聞こえています。英語の音に慣れている人の耳に、なぜそのように聞こえるか、その理由を考えてみましょう。

英語に限らずどんな言語でも、単語を仮に2種類に分けるとき、「内容語」「機能語」という分類を行うことがあります。「内容語」とは明確な意味を持つ単語のことで、品詞分類で言うならば名詞、形容詞、動詞、副詞がこれに含まれます。一方「機能語」は、単語そのものの意味というよりもむしろ、他の語との文法的な関係を示すために用いられるもので、代名詞、前置詞、接続詞、助動詞、冠詞が含まれます。

そして英語の場合、内容語と機能語での発音の傾向を比べてみると、一般的には内容語の方が機能語よりも強く発音されます。逆に言えば機能語は内容語よりも弱く発音されるわけです。つまり、相対的に考えた場合、of us all であれば of と us は弱く発音され、all は強く発音されることになります。

ある程度英語の聞き取りに慣れてくると、弱く発音された単語は機能語である、というパターン認識が出来るようになります。また、内容語と機能語が様々に組み合わせられたとき、どのような音の変化が生じるかということも分かってくるようになります。英語に慣れている人はこの感覚にも鋭くなっているわけですし、また内容語に比べると機能語は数が限られているわけですから、それぞれの正確な発音も次第に分かってきます。このような経験からof us all というような表現もきちんと聞き取れるようになるわけです。

学習者の皆さんも、機能語は弱く発音される、ということを念頭に置き、様々な内容語と組み合わせた時にどんな音の変化が生じるかということに耳を傾けてみて下さい。そのうち慣れてきますよ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。