スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語は難しい?

Q:なぜ日本語は世界で最も難しい言語の1つといわれているのですか?

A:表記体系の複雑さが大きな理由の一つだと思います。また、同音異義語や助数詞の多彩さも日本語の特色の一つです。世界で最も難しい、というのは必ずしもあてはまるとは限りません。同じ漢字語彙を共有している韓国・朝鮮語の話者にとっては、おそらく日本語ほど学習しやすい言語はないことでしょう。文法もかなり共通しています。ヨーロッパの人から見ると、いろんな意味で日本語は難しいのかもしれません。千野栄一『ことばの樹海』という本に「一番難しい言語」というトピックが収録されています。

この本で紹介されている例では、アメリカの国務省付属機関による資料で、外交官の研修生として最低限の仕事をするために必要な語学力を集中的に身につける目安の時間として、例えばドイツ語やフランス語なら24週720時間の研修が必要なのに対し、日本語では80~92週2400~2760時間も必要だということです。

外国語の難しさは相対的なものです。全く同等とは言えませんが、我々も英語を実用レベルまで上げようと思えば、このくらい必要なのかもしれませんね。皆さんは2400~2760時間をどうやって確保しますか?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。