スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

you know って何?

Q:映画で英語の会話を聞いていると"You know"っていっぱい言っている気がするのですが、気のせいでしょうか?

A:私の手元に様々なジャンルの映画シナリオを100本分集めたデータがありますが、検索してみると you know は、何と2263回も使われています。単純に平均しても1本の映画で22回です。

このyou know(短縮して y'knowと書くこともあります)について、さまざまな研究者が指摘しているところでは、
(1)強調または注意喚起
(2)不確実、口ごもり
(3)詳解
などの機能があるようですが、厳密には使われるイントネーションによって意味はかなり変わってきます。

この表現はよく耳にする上に、誰でも知っている単語の組み合わせでできているので、いつでもどこでも気軽にyou know と言ってしまう英語学習者が多いようです。しかし実はこのyou knowは、連発すると会話の品位を損ねる表現だと考えて欲しいところです。確かにかっこよく聞こえる気がする表現ですが、誤解しないでください。

このあたりのことは『たった3ヶ月で英語の達人』という本にも書かれています。(衝撃的なタイトルですが、この方法でやれば本当に英語の達人になれます。でも一般の人には難しすぎる方法かもしれません。おもしろおかしく読める本なので、一読をお勧めします。)

you know は日本語の文末の「~ね」「~よ」と比較されることが多いですが、詳しくは『会話分析』という本を参考にしてください。この中でかなり専門的に述べられています。もちろんこれ以上にもっと専門的に扱っている本もあります。興味があれば直接おたずね下さい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。