スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何時ですか」って何種類も言い方がある?ややこしい!

Q:英語では「何時ですか?」と尋ねる言い方が何種類もあると聞きました。英語ってややこしいですね。なんでそんなにあるんですか?

A:英語だからいろいろあるというのは正しくありません。日本語だっていろんな聞き方があるはずです。普段我々が使う日本語をもう少し見つめ直して欲しいものですね。

手元にある最新アメリカ英語表現辞典英会話とっさのひとこと辞典から引用してみましょう。以下のような表現が出てきます。

Can you tell me the time?
What time is it (now)?
What time do you have?
Do you have the time?
What's the time?
Have you got the time?
What time have you got?
May I ask the time?
Could you tell me what time it is now?

それぞれ細かい意味や使われる場面で違いがあります。友達に尋ねる場合、社会的に地位が上の人に尋ねる場合、街角で全く見知らぬ人に尋ねる場合など、さまざまです。

日本語でそれぞれに対応する言い方はわざわざ述べるまでもありませんから省略しますが、いつもWhat time is it now?だけでは面白くないので、上の中から使えそうなものをいくつか覚えておくとよいでしょう。それぞれの細かい違いは言葉で説明してもなかなか身につくものではありません。映画でのせりふや現地での生活の中から、生きた表現として実際に使われている場面と合わせて覚えるようにすれば、そのうちいろんな表現が使えるようになりますよ。

でも、こんなの覚えるのが面倒だ、という人にはとっておきの方法があります。




常に時計を身につけておけばよいのです。(笑)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。