スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

help と aid の違いは?

Q:help と aid はともに「助ける」という意味ですが、使い方やニュアンスに違いはありますか?

A:単純に言ってしまえばaidの方がやや硬い表現です。また、aidは「回復・発達・成長」を助けるという意味で使うことが多いようです。その点helpは「人がある物事を成就するために作業の一部を代理で行ったり、必要なものを与える。」という全般的な意味で使われます。

こういう細かい単語の使い分けに興味を持つようになったら、是非英英辞典を使ってもらいたいものです。つまり英語で英語を説明する辞典で、我々が使っている国語辞典を全部英語に置き換えたようなものだと考えてください。

お勧めの辞典はいろいろありますが、最近では電子辞書にもよく収録されているLongman Dictionary of Contemporary English が初心者にも使いやすいと定評です。日本国内ではロングマン現代英英辞典という名前で発売されています。英英辞典での定義・用例・例文をじっくり読む習慣をつければ、いろいろな単語の細かい違いや使い方が身につきます。

今回はhelpとaidだけでしたが、もう少し視点を広げて、同じ意味の表現にどういうものがあるのかをどうやって調べたらよいか知っていますか?例えばpromote, encourage, give something a boost, advance なども「助ける」の意味で使うことができます。

このような同義語を見つけるには、類語辞典と呼ばれる辞書が便利なのですが、英語学習者にはやはりちょっと使いにくいところがあります。学習者向けとして最適なのはロングマン英語アクティベータという辞書です。最近では電子辞書にも搭載されていますが、私の印象としては電子辞書版よりも書籍版の方がさまざまな語の違いを知る上では役に立ちそうな気がしています。英語力を伸ばしたい人は英英辞典に慣れた上で、ぜひこの辞書も使えるようになってほしいです。「ことばは知っているがその使い方がよくわからない人」のための辞書という紹介文がぴったり当てはまる辞書です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。