スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

co-workerのco-って何?

Q:co-worker の co- の部分は company の略語なのですか?

A:面白い解釈ですね。何となくだまされそうな気がしてしまいますが、残念ながら語源的には正しくありません。

英和辞典で co- / com- / con- などの欄を見ると、これらのどれか1つを参照するように書かれているはずです。これらは全て同じ単語に由来し、英語の接頭辞として用いられるときは、直後の文字に従って、これらの形も変化します。辞書によっては「共に」というような意味が書かれていることがありますが、元々はラテン語の前置詞 com に由来します。そしてこの単語の意味は、概ね英語の with と等しいと考えれば良いでしょう。

英語の単語で co- / com- / con- / col- / cor- などで始まる単語には、withの意味、あるいは「共に」といった意味を持つ単語があります。もちろん全てがそうであるわけではありません。

ところで、company という語は誰もが驚くような語源を持つ単語ですので、今日はこの単語についても掘り下げてみましょう。

もともとcompanyはフランス語、ラテン語に由来する単語ですが、これはcompanionという英単語とも共通の語源です。ただし注意が必要なのは、日本語で「コンパニオン」というと、催し物やパーティなどでの女性の接待係、博覧会や娯楽施設での案内係を指すことが一般的ですが、これは英語の意味にはありません。英語ではこれらは guideやattendantといいます。

ここでは「友人、仲間」という意味でのcompanionですが、実はこの単語の語源はラテン語で「一緒にパンを食べる人」という意味の単語なのです。つまりcom-が「一緒に」、-panionがラテン語のpanis「パン」という単語に由来するわけです。

皆さんも昼休みに一緒にパンを食べる仲間を見つけて下さい。きっと良い友達になれますよ。もちろん学食でうどんを食べる仲間でも何ら問題ありませんが。
スポンサーサイト
プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。