スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語が速すぎて聞き取れません!

Q:英語のテープとかCDを聞いても何を言っているのかわかりません。ネイティブの英語を聞き取りやすいようにするためにはどのようなトレーニングをすればいいですか?

A:新聞広告等の英語のリスニング教材の宣伝などで時々見かける「ある日突然聞き取れるようになる」というのは本当のことです。私自身も本格的にリスニングに取り組み始めて3ヶ月くらいでしょうか、突然聞き取れるようになりました。でも、この瞬間が来るまでにはかなり密度の濃い学習を一定期間しなければなりませんでした。逆に言えば、誰でも一定期間、密度の濃い学習をすれば、英語ぐらい聞き取れるようになるということです。

さて「密度の濃い」なんていうと、もうそれで駄目という人もいることでしょう。英語が聞き取れないという人には2つのパターンが考えられます。

1.英語のリズムや音のつながりにも慣れていないので、中学校レベルの英文でも何を言っているのか分からない。
2.単語力が足りないから、聞いていて分からないところが多すぎる。

このどちらに当てはまるでしょうか?これらを別に考える必要があります。

英語を聞き取る力を養うために効果的な練習方法はいくつかあります。例えば「英文として読むならすぐ分かる」という程度の簡単な内容の音声教材で、文字を見ながら聞こえてくる英語と同じスピードで口を動かしてみるという練習はどうでしょうか。この練習を始めた直後は、文の最初の単語だけなら口が動くけど、あとがなかなか続かないと思います。聞こえてくる音声に集中しながら口を動かすわけですから、難しいのは当たり前。でもこの練習を続けていると、次第に同じスピードで口は動かせる状態になります。ここまでできるようになるだけでも、聞き取りの力としてはかなり伸びているはずです。

さて、上で述べた2にあたる場合ですが、これはリスニング以前の問題です。英文として読んだときに意味がわからないようなものを聞いてもわかるはずがありません。確かに映画を字幕なしで分かるようになりたい、とか有名人のインタビューを聞き取れるようになりたい、というような希望は分かります。でも、考えてみてください。英文として目で読むなら、それこそ後ろから戻って訳して読むなんてことが可能です。しかし聞こえてくる英語では、テープの巻き戻しは可能でも、後ろから順に、だとか前後の単語からの推測で、なんてことで理解できるはずはありません。時間的に間に合いませんから。

単語力、やっぱり必要ですね。でも、高校受験のような「綴りを覚える」単語学習は、リスニング能力を伸ばす上ではさほど重要ではありません。むしろ単語として見たときにすぐに意味がわかる、という状態を目指してください。読んで分かる語彙、受信語彙とでも言いましょうか。これを増やすことが重要なのです。

これからリスニングを本格的に勉強しようという方は、今の英語力より少し下のレベルのものから取り組まれてはどうでしょうか。大学生でも中学校の教科書に戻ったらいいのです。高校受験、大学受験で常に上を目指してきた皆さんの英語学習ですが、資格試験を別にすれば、もう受験を念頭に置いた学習に縛られる必要はありません。恥ずかしい、簡単すぎるなんて言っている場合ではありません。今こそ入門レベルや初級レベルに戻って、もう一度勉強しなおしてみませんか?
スポンサーサイト
プロフィール

神谷 健一
KAMIYA, Kenichi
(kmyken1)

kmyken1

月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。